「半分だった!Σ( ̄□ ̄;)」四六時中という言葉の起源❗

「四六時中」という言葉は「長い時間」を表現する時に良く耳にするし皆さんも使う言葉ですよね(^-^)v

しかし、どうやらもともとは「二六時中」という言葉だったのです!Σ(゜Д゜)

その理由としては、江戸時代には1日を昼と夜をそれぞれ6つの刻に分けて表していた事に関係していると言います(^-^)/

つまり、昼と夜の刻が合わされば1日が12刻(2×6=12)となるために生まれたのが「二六時中」という言葉なのです(^-^)

ところが、明治になり24時間制かま採用された事により(4×6=24)となった為に「四六時中」という言葉が使われるようになったのだと言われています(о´∀`о)

その時代によって言葉が変わっていくのは現代でも同じですね(^-^)こうやって「言葉」というものは変化していくと思うと、面白く感じますね(*´ω`*)
  • 20171201102221739.jpg

この記事へのコメント

シェリア プレミア エッセンス