「深い意味があった!Σ( ̄□ ̄;)」年末の大掃除(´Д`|||)

「新しい年を迎える前に家のなかを綺麗にしよう
(^_^)v」

大掃除は、そのくらいの軽い感覚でしている人が多いと思います(^-^)/

何時もより念入りに掃除をして、一年の溜まった汚れを落とせば気持ちよく正月を迎えられますよね("⌒∇⌒")

ですが❗❗
これは単なる掃除ではなく、霊的な『穢れ』を祓う大切な神事でもあるのです(@ ̄□ ̄@;)!!

その起源は平安時代にあると言われています(^-^)/

正月になると、人々は地域の氏神を祀る神社に出向いて、ご利益のある御札をいただくのが常でした(^o^)

この御札は、神棚や天井裏に安置して家を見守ってもらうためのモノです\(^o^)/

しかし、一年たつ頃には霊的な穢れを受け止めた御札は効力を失いかてけしまいます(T_T)

そこで、年末に各神社で行われる『焼納祭』で御札を浄化の火によって燃やすのです(>_<)

もし、札をそのままにしておくと、『溜まった穢れによって不幸が起きる』と恐れられてきました((((;゜Д゜)))

特に、火難に見舞われると言われていますが、これは冬場の乾燥が原因だと考えられています(´・ω・`)

江戸時代には、『煤払い』とも言われていて、12月13日の事始め(正月の準備を始める日)に行われていました(о´∀`о)今でもこの日に大掃除をする寺社は多いようです(^_^)

仮に大掃除をしなかったら、翌年の運勢が下がると言われています(((^_^;)

穢れを恐れた歳神様が訪れることができず、運気をもらうことが出来なくなるためだとされています(;´∀`)

例え、忙しかったり、面倒だと思っても大掃除をサボるのは衛生的にも、運勢的にもよろしくない事だということですね(;´д`)

私もそろそろ大掃除を始めようと思います(*´∀`)

  • 20171221203839587.jpg

この記事へのコメント

シェリア プレミア エッセンス